仕事は一人でするものじゃありません・周りを頼る、周りを使うスキルも学びましょう

仕事は一人でやるものじゃありません 社会生活学
仕事は一人でやるものじゃありません
ウルフ
ウルフ

忙しい、忙しい!
あーーーアレもやらないといけないし、この書類も今日中だし~

ボス
ボス

あいつは何であんなにバタバタしてるんや?

まじょ子
まじょ子

色々と抱えちゃったんですかね?

これから社会人になる学生の皆様

仕事は一人でするものではありません

 

きっと4月から新社会人になる皆様は、明確な働く事へのビジョンが見えていないと思います。

実は私、リブゾンもそうでした。

 

憧れの姿として、何でもバリバリこなす。

自分が会社を支えてやるという過剰な自己評価。等があるでしょう。

ウルフ
ウルフ

オレがこの会社をもっと伸ばしてやるぜ!!

新人が異例の大口契約!業績を一気に伸ばした!

ボス
ボス

ハッキリ言うけど、新人にそこまで大きな仕事は任せられんよ

 

大口契約のきっかけとなるアクションを起こす事は時々あります。

 

実際に我社でも入社2年目の営業が大口取引のきっかけを作った事はありました。

 

でも、最後の契約まで全部新人一人に任せる事はあり得ません。

 

途中で企業調査を受けたり、契約内容の確認をしたりと新人では解らない事が沢山出てきます。

 

企業の財務調査なんかは新人が受けても何も回答出来ません。

 

上司や先輩のチェックやフォローが無ければ、契約自体が上手くいかなかったかも知れません。

 

ボス
ボス

いいか、仕事は一人でやるもんじゃねぇぞ

仕事は一人でやるものじゃない

上記の例で見ても、企業調査は総務部や統括管理部等に依頼しないといけません。

 

上司のチェックがないと契約が上手くいかなかったかも知れません。

先輩や同僚はきっと、新人が忙しくて出来ない他の仕事をカバーしてくれていた事でしょう。

 

業界によっては契約後の実務に関しては、また別の部署に依頼する形になります。

 

それらを考えても、一人で契約の糸口は掴めても、契約内容を遂行するのは自分一人じゃありません。

リブゾン
リブゾン

色んな部署の人が、それぞれの役割を果たす事で会社は回るのです

時には堂々と頼りましょう。

新人が入社して、少し経つと、時々このような悩みを聞く事があります。

 

ウルフ
ウルフ

新人のクセに人に頼んでいいのか!?
いや、新人だからこそ自分でやらないといけないんじゃないか?

リブゾン
リブゾン

逆ですね。
新人だからこそ、堂々と周りに頼る事が出来るのですよ。

ウルフ
ウルフ

新人だから!?

 

新人の特権とも言えるパワーワード

まだここがよく解らないので教えて頂けませんか?

 

この一言が言えるかどうかが社会人として上手くやっていけるかどうかの境目ですね。

 

そして聞いていいのか?頼んでいいのか解らない時は、そのまま、先輩や上司に伝えましょう。

これは自分でやってみてもいい仕事ですか?

 

分業制が成り立っている会社なら、先輩は教えてくれます。

場合によっては外部業者に委託する必要もあるでしょう。

 

また、逆に下手に他部署の仕事にまで介入するのも、越権行為となり問題になる場合もありますので注意しましょう。

リブゾン
リブゾン

キチンと確認して、自分でやるべきか、他部署に頼むべきか少しづつ憶えていきましょうね

ウルフ
ウルフ

ハイ!解りました

まじょ子
まじょ子

ワンフォーオール・オールフォーワン

もしかしたらブラック寄り?それは会社か上司かどっちでしょう?

社員数も多い。

部署も一杯分かれている。

 

でも、全部自分でやれと言われる会社は、もしかしたらブラック企業寄りかも知れません。

 

また、新人がきっかけを作った大口契約が成立した時、全部自分の手柄だッッって言ってしまう上司はブラック上司確定ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました